相続登記

相続登記は、相続や遺贈によって自分が特定の不動産の所有者になったことを、第三者に対して主張するためにも必要です。 相続財産の中で不動産の占める割合はいまだに一番大きいことは明らかです。 相続登記は、相続手続きの最終段階で速やかに行うことが必要です。

しかしながら、相続登記は単純に行えば良いというわけではありません。
相続登記を目的とした一部相続財産の分割による後々のトラブルや、相続財産の評価の特例が使えなくなり支払う必要のない相続税を多額に納付しなければならなくなった事案等、相続登記に伴うトラブルも増えています。
二次相続をも考慮した登記が必要とされています。

当相続登記相談室では不動産の相続を中心として、相続専門の税理士、行政書士とベテランの司法書士とが連携して、相続税、贈与税の節税をはじめ、多面的に不動産相続と相続登記のご相談を行っています。また、不動産登記に関する贈与税をはじめとする税金の追徴課税問題も増えています。相続や不動産登記は単純に行えば良いというだけではありません。






     1.相続登記は相続手続の最終段階に行う。
     2.登記をせずに放置しない。
     3.リスク面から登記を考える。
     4.相続税のことを考慮した登記をする。
     5.二次相続を考慮した相続登記を行う。


相続登記の種類

遺言による相続登記

遺言があれば、その内容に従って相続の登記を行うことが原則です。

詳しくはこちら

遺産分割による相続登記

遺言が無い場合には、相続人全員の話し合いによる遺産分割に従って登記を行います。

詳しくはこちら

法定相続分による相続登記

遺産分割協議が行われない場合や協議が成立しない場合法定相続分により相続登記を行うことが出来ます。

詳しくはこちら


セミナー

相続セミナー風景

相続セミナー風景(サンケイリビング新聞社主催)

当相談室代表田代浩は、税理士として様々なセミナーの講師を務めています。 長年の経験による豊富な具体例を交えたセミナーは、ご好評を頂いております。
当相続セミナーでも不動産相続を中心に相続登記と相続税の関係についても解説しています。

一部分割のリスク

遺産分割は、不動産だけではなく全財産について作成することが重要

相続登記をしていない事例

当相談室の代表者自身が体験した事案の一つです。
10年前に父が亡くなり、父と同居していた長男がその家に居住し続け、他の相続人も黙認していました。
預貯金等の財産も数十万円しかなく、自宅しかありませんでしたので、遺産分割について特に次男や姉妹とも話し合うこともなく、当然遺産分割協議書の作成もしていません。 相続登記による名義変更もしていません。

そのうちに土地の価額は上昇し、またマンションを作りたいということで、その地域一帯に地上げがありました。提示された金額も時価よりも高めで8千万円になります。すでに姉及び次男は亡くなっており、甥や姪が相続人になっています。

このような場合は、相続登記により土地建物の名義変更をしなければ売却も出来ません。既に姉や次男は亡くなっており、甥、姪まで含めた遺産分割協議を行い、その結果としての遺産分割協議書がないと相続登記が出来ないのが原則です。
分割協議書には、甥、姪の自署および印鑑証明書の添付が必要になります。
その他、甥、姪に必要書類の提出をお願いしなければなりません。


相続の直後であれば身近な兄弟姉妹ですので、分割協議もまとまりやすいのですが、時が経過するに従い、それぞれの経済事情も異なってきます。ましてや、甥、姪との分割協議ともなれば、8,000万円の売却代金が入るということがわかれば自分達も1,000万円程度の権利があると主張されることも考えられます。このように相続登記は遺産分割協議書の作成と相続税の申告の後にすみやかに行うことが自分の所有権を守るためにも必要です。

千葉市内でも同じような事案を多く目にしてきましたし、東京都内の渋谷区や港区では、バブル時代に未登記の不動産について、数億円の買取りの申出があった事案の相談も受けています。
ただし、相続発生直後の相続登記は思わぬ税金やトラブルになることもあるため、相続の専門家に相談した後で、相続登記をすることをおすすめします。相続手続き全般や相続税のご相談は代表の税理士・行政書士が行い、相続登記のご相談は司法書士が行います。

相続登記をしないデメリット


新着情報


新着情報 目次へ 


税理士/田代会計事務所の総合ホームページへ

【主な業務エリア】<千葉県>千葉市(中央区、稲毛区、花見川区、美浜区、若葉区、緑区)四街道市、習志野市、船橋市、浦安市、市川市、市原市、鎌ケ谷市、柏市、松戸市、野田市、成田市、佐倉市、東金市木更津市、銚子市、館山市、茂原市、、旭市、勝浦市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、いすみ市、匝瑳市、南房総市、香取市、山武市印旛郡(酒々井町、印旛村、本埜村、栄町香取郡(神崎町、多古町、東庄町)山武郡(大網白里町、九十九里町、芝山町、横芝光町長生郡(一ノ宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町)夷隅郡(大多喜町、御宿町)安房郡(鋸南町)
<東京都>葛飾区、足立区、荒川区、台東区、江戸川区、墨田区、江東区、千代田区、中央区、港区、文京区、豊島区、新宿区、渋谷区、目黒区、品川区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、北区、板橋区、練馬区